パチンコ依存症にお悩みの方へ

元パチンコ依存症の男性

 

 このサイトは、パチンコ依存症で苦しむ人のために、ギャンブル狂いだった当事者が、パチンコ依存を克服した方法を書いています。
 私の場合はパチンコが原因で250万円もの借金を抱えてしまいました。

 

 どうしてパチンコにハマってしまったのかは、私のプロフィールをご覧いただくとして、私の場合は、自力では返済できなくなった借金を減らすところから手を付けて、パチンコから遠ざかり、やがて、一切やらなくなりました。
 なので、今パチンコ依存に苦しんでいて、同時に借金も抱えてしまっている人にはぜひ参考にしてもらいたいと思います。

管理人のプロフィールはこちらです。

 

【目 次】

 

パチンコ依存症とは?自分が依存症かどうかのセルフチェック

パチンコ依存症のチェック

 

 パチンコ依存を含めたギャンブル依存症かどうかを判定する10項目に渡るテストがあります。
 しかし、それをしなくてもたったひとつの質問であなたがパチンコ依存症かどうかを判断する方法があります。

 

 それは、1週間に何時間パチンコをしているか?です。

 

 週に1日、3〜4時間程度という人は、ただのパチンコ好きです。 
 それが、週に3〜4日、平均して5,6時間という人はパチンコ中毒予備軍です。
 もし、あなたが1週間のうち5日から7日、1日10時間以上打つ日もあるというなら、完全にパチンコ依存症です。

  • 1週間に1日〜2日(合計6時時間以内・・・普通のパチンコ好き
  • 1週間に3日〜4日(合計16時時間以内)・・・パチンコ中毒予備軍
  • 1週間に5日以上(合計30時時間以上)・・・パチンコ中毒・依存症

 ギャンブル依存症のテストには、ギャンブルが原因で家族に嘘をついたか、仕事に支障が出たか?などの項目がありますが、5日〜7日、ほぼ毎日パチンコに通っていて、日常生活に支障が出ないはずがありません。
 (※実際に、私、管理人も生活に支障がでまくりでした)

 

パチンコ依存症の人の借金額

300万円の借金

 

 ある調査によると、ギャンブル依存症の人の平均借金額は595万円だそうです。
 それを聞いて、自分はまだましだと思ったかもしれませんが、日本の多重債務者の借金平均額は335万円だそうです。
 借金の原因はパチンコ以外にもありますが、300万円以上を超えると自力で返済ができなくなり、毎日が借金のことばかり考えてしまい、日常生活が手につかなくなります。
 借金の苦しさを忘れるために、パチンコをしてしまうという悪循環がここで出来上がってしまうわけです。

△目次へ戻る△

 

なぜパチンコ依存克服に借金返済が大切なのか?

 パチンコ依存症を治すのに、どうして借金返済が最優先なのか説明します。あなたの今の心理状態をズバッと表しているかもしれません。
 ショックを受けずにお読みください。

 

【借金返済が最優先である理由】

  1. パチンコの借金をパチンコで返済しようとするから
  2. 借金のせいでパチンコがやめられなくなる
  3. 借金が恥ずかしくて誰にも相談できなくなる

 

パチンコの借金をパチンコで返済しようとするから

ATMからお金を引き出す

 

 パチンコにハマっている人は、必ず負けた分をパチンコで取り戻そうとします。
 ギャンブルで負けた記憶はすぐに忘れますが、大勝した経験は忘れられません。
 1週間でトータル10万負けた。でも、1回で8万勝ったこともあるから、一度大勝すればトントンになる。
 だから、トントンに戻った状態でパチンコは辞めればいい。

 

 ちょっと考えてみてください。パチンコで大負けしたけど、その後取り戻して、プラスマイナスゼロに戻った状態で、きれいにパチンコから足を洗った。
 そんな話を聞いたことがありますか?
 負けが続いていても、たまには勝つこともあります。その1度の勝利の記憶が大きすぎて、負けることをなんとも思わなくなるんです。
 だから、パチンコ依存症の人は、勝ちが続けば借金は取り戻せる、運が向けばなんとかなると思ってしまうのですが、実際にはパチンコの借金をパチンコで取り戻せる人は100人に1人もいません。

 

借金のせいでパチンコがやめられなくなる

パチンコ屋についつい足がむく

 

 借金が増え続けてくると、借金分を取り返すには、パチンコで勝つしかないと考えてしまいます。
 これは借金額が大きくなればなるほどそう思えてきます。
 例えば30万円くらいの借金なら、週末にコンビニのバイトでもすれば半年くらいで返せるかもしれません。
 でも、100万円も超えるような金額になると、利息の返済だけでいっぱいいっぱいになってきます。
 そうなると地道に返済するという発想は頭の中から消えてなくなります。
 パチンコがダメだと思ったら、競馬や競艇、FXや株など一発逆転できるものに賭けざるを得なくなります。

 

借金が恥ずかしくて誰にも相談できなくなる

恥ずかしくて相談できない

 

 借金すること自体なかなか人には言えません。家族にだって黙っていたいですよね。
 借金の原因がパチンコならなおさら相談しづらいですね。
 借金の解決方法がないまま、一人で問題を抱え込んでしまいます。
 そうすると、自ずと、解決策をパチンコに求めてしまうわけです。

 

 パチンコの軍資金が必要になるので、今まで行っていた飲み会や遊びなど、人との付き合いを避けるようになります。どんどん孤立していき、精神を病んでしまうのもパチンコ依存症の特徴です。

△目次へ戻る△

 

借金返済でたったひとつの重要なこと

 パチンコで作った借金を返済する時、最も重要なことはひとつだけ、それは自分一人で返済することです。
 返済方法についての相談は家族や法律家など色んな人にするほうがいいです。
 逆に一人ではいいアイデアは思いつきません。

 

自力で借金返済を

 

 ただし、借金の返済自体は、他人の力を借りてはいけません。
 なぜなら、必ずそこに甘えが出るからです。

 

 例えば最悪の例は、親が借金を建て替えて返済するケースです。
 100万円の消費者金融からの借金を、親が一旦建て替えて返済してくれると、業者からの返済はなくなります。親へ返済していかなければいけませんが、利息もなければ返済期限も甘いです。

 

 そこへ先ほどの消費者金融が必ず融資を持ちかけてきます。
 100万円もあった借金を、親が払ってくれたとはいえ、きっちり返済できたわけですから、その人は消費者金融から見れば「上顧客」です。ほうっておくわけがありません。

 

 そこで「パチンコ代貸しますよ」という誘いを断れる、意思の強い人はいません。
 融資の誘いに乗ってしまい、また借金を重ねてしまいます。

 

 大変しんどいことですが、自分で苦労して借金を返済しなければ、必ずまた借金を繰り返すのです。

△目次へ戻る△

 

 

誰にも苦しさを打ち明けられないなら

心が折れる前に

 

 パチンコの借金をパチンコで取り返そうとするあまりに、どんどん借金額が増えていき、人付き合いもなくなり、精神的に参ってしまいます。実際に私がそうでした。
 そうなると仕事もできなくなり、家族からも見放され、人生崩壊の危機です。

 

 最初はパチンコにハマってしまったことが問題でしたが、借金が50万、100万と積み重なると、もはやパチンコ依存よりも、借金をどうにかすることが重要になってきます。

 

パチンコの借金も無料相談できる

 

借金無料診断サイト

 

 ここは借金返済方法について、匿名で相談できるサイトです。
 現在の借入件数と金額、ニックネームを入れれば、借金の返済方法について、弁護士や司法書士の先生がメールで回答してくれます。

 

 電話番号の入力も必須ですが、「メールでの回答」と希望しておけば、電話はかかってきません。

 

  • 家族にバレずに借金をなんとかできるか
  • パチンコの借金だけど、減らせるのか?

 といった、個別の質問もできるので、誰にも相談できないというのであれば、一度試してみる価値はあります。

△目次へ戻る△

 

 

まとめ:パチンコがやめられないかもと不安な方へ

借金がなくなればパチンコはやめられる

 

 借金を減らしたり、チャラにすることだけで、パチンコ依存は克服できないかもしれません。
 パチンコ依存症は、自分の気持ちを強く持ち、パチンコと関わりを断つことでしか解決できません。
 完全にパチンコを断ち切るまでには時間がかかり、誘惑に何度も負けてしまいそうになります。なのでできれば、家族にあなたの現状をお話して、悩みを共有してもらいましょう。

 

 パチンコ依存症を治療する専門病院はいくつかありますが、まだまだ数が少なく、一般の精神科医やカウンセラーはギャンブル依存症に対する理解が薄いのが現状です。
 なので自分で、パチンコにハマる前の生活を取り戻す他方法はありません。

 

 借金の問題がなんとかなれば、少なくとも返済に頭を悩ませることはなくなります。
 そうすれば、パチンコで借金を取り返そうという脅迫心はなくなります。
 そこから少しずつパチンコから離れられるかもしれません。

 

 ひょっとしたら、明日パチンコで大勝ちして借金が減ることもあるかもしれませんが、それだと、パチンコとの縁は切れないでしょう。
 もし、あなたが本当にパチンコと縁を切りたいのであれば、お金の悩みについて、頼れる人に相談してみてください。

 

匿名で借金相談をしてみる